2007年03月31日

珍しいバイトの探し方

 珍しいバイトは自分にとっての経験になるだけでなく、話のネタにもなりますよね。
 珍しいバイトをしてみたい場合には、どうやって探せばよいのでしょうか。


 医療業界の治験バイト(新薬臨床実験モニター)は、厚生省認可前の人体実験のために薬を飲みながら好待遇で数日病院で過ごせる珍しいバイトです。
 厚生省認可のため、基本的に安全性は確保されているようです。
治験で高収入バイトなどで健康状態など条件を確認の上、メールや電話で申し込むことができます。

 治験のバイトは大学などで募集していたり、友人を紹介すると紹介料が出ることもあるようです。


 珍しいバイトは、バイト情報誌をくまなく読むと、意外と見つかります。


 たとえば、キャベツ千切り、タオルを畳むだけ、通行人をカウントするだけ、などのバイトは、仕事内容はともかく、ちょっとインパクトがあるので話のネタにも最適では無いでしょうか。


 テレビのエキストラとしてのバイトも、会員登録しておくと、有名クイズ番組やバラエティー番組などの観客席の空きを埋めつつ、バイト料ももらえてしまうので首都圏の人にとってはかなりお得でしょう。
 芸人志望の人がやると思われがちですが、誰もができる、でもちょっと珍しいバイトです。


 他にも珍しいバイトを探したいときには、ミーハーな友人からの紹介や、インターネットで会員登録している会社を当たってみましょう。

posted by 在宅バイトマニュアル at 13:18 | Comment(4) | TrackBack(0) |珍しいバイト

高収入バイト(単純作業と技術職)

 どの程度の金額から高収入バイトと言えるかというのは人によってまちまちです。
 一般的には時給1000円くらいから少し高め、誰でもできる仕事で時給1400〜1600円程度、日給1万以上からはバイト情報誌やサイトでは高収入と言われています。


 時給1000円くらいであれば、夜間・早朝のコンビニ、飲食店など。
 1000円台半ばだと、主に女性向けの派遣社員で、事務や受付など。
 日給1万円以上となると、女性であればキャンペーンガールや、男性ではちょっとつらい肉体労働などが代表的です。


 高収入バイトのもっと上のレベルを狙うには、技術職か、風俗業界になってきます。


 技術職は、パソコンや精密機器、化学などの分野である程度の経験があったり、関連学部の大学生の場合は、時給1800〜4000円、月30〜50万程度の高収入バイトも珍しくありません。


 さらに高収入をうたい文句にしていて、未経験OKなどとしている情報誌やサイトは、風俗業界などが多いようです。


 目先のことだけでなく、将来もきちんと考慮したバイト生活で、高収入バイトを目指したいですね。

posted by 在宅バイトマニュアル at 13:13 | Comment(0) | TrackBack(0) |高収入バイト

短期バイトとは

 短期バイトとは、自分の好きな時に、好きな時間だけできるバイトのことを言います。


 短期バイトと言った場合、期間としては数週間から3ヶ月くらいまでを指すことが多いです。
 1日や数日といったさらに期間の短いバイトについては、単発バイトなどとも呼ばれます。


 短期バイトというのはあくまで「期間」について言ったものなので、週何日かでも、半年や数年続けて働く場合は、長期と呼ばれるようです。


 学生が長い休みの間にお小遣いを稼いだり、就職活動の合間のつなぎなどにちょうどよいでしょう。


 短期バイトの特徴は、特別なスキルも必要なく誰でもできる簡単な仕事で、応募や採用までの手続きが非常に簡単な点が挙げられます。


 簡単で単純な作業の代表としてあげられるのが肉体労働。たとえば引越し、搬送、建設、梱包、チラシやティッシュ配りなどがあります。


 短期バイトはシステム化されていて、派遣業者に一度だけ登録に行けばほとんど面接もなく、都合のいい時間とバイト先を選んで働くことができるので、融通が利くバイトとも言えましょう。

posted by 在宅バイトマニュアル at 13:10 | Comment(0) | TrackBack(0) |短期バイト
2007年03月30日

短期バイトの探し方

短期バイトを探すなら、一番早いのはインターネットでしょう。


 バイト紹介サイトで、「短期」にチェックをつけて、場所と職種を設定して検索すれば、かなりたくさんのバイト情報が登録されています。


 バイト紹介サイトによっては、検索条件が保存できたり、条件の合う仕事が登録されたときにメールが来るなどのサービスが無料で使えるところも多いので、大いに活用しましょう。
Q-JIN評価のように、情報を登録すると求人採用マニュアルがもらえるところもありますね。


 インターネット上の短期バイトの募集は、ほとんどが派遣求人業者を仲介しているものなので、簡単な情報の登録だけで面接なしにいきなりバイトを始められることもよくあります。

 派遣業者を仲介するバイトは、誰でもできる単純作業や、日払いの仕事が多いことが特徴です。


 ほかに短期バイトを探す方法としては、バイト情報誌や新聞で探す方法もよく使われます。

 経営者との直接契約になるので、応募、履歴書の作成、面接、を経て、採用結果を待ってから仕事が始まります。長期休暇などに合わせて、早め早めにバイト探しを始めましょう。
 先んずればすなわち人を制す、ですね。


 興味のある業界での短期バイトは、単にお金のためだけではなく、将来のためのステップや、人間関係作りにもつながります。


 時給も仕事内容もいいものは人気が高く、休みの直前には応募が締め切られてしまうことも多いようですので、お早めに。

posted by 在宅バイトマニュアル at 14:35 | Comment(0) | TrackBack(0) |短期バイト

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。